カテゴリ:全体
平成30年度1学期終業式

DSCN0018.1.jpg DSCN0021.1.jpg DSCN0023.1.jpg DSCN0027.1.jpg

平成30年7月20日(金)、1学期の終業式を迎えました。

暑さ対策のため、いつもより10分遅らせて、汗をふいたり、水を飲んだりしてからの終業式でした。

校長先生からは、「1学期について」「いつもと違う終業式」「心の貯金箱」という3つのお話がありました。
まず、74日間の子どもたちの頑張りについて「自分では無理だと思うことを乗り越えたとき人は成長します。失敗もたくさんあったと思いますがよく頑張りました。」というお話がありました。
次に、猛暑のため通常と異なる式であること、災害のためにいつも通りの終業式を行えない学校もある、というお話の後、「今年はそういう方たちにとっても厳しい夏になります。実際に手伝うことはできませんが、気持ちで応援しましょう。」というお話がありました。
最後に、「44日間の宿題として、一日一回人のためになることをして、心の貯金箱をいっぱいにして2学期をむかえましょう。」というお話がありました。

5年生の児童代表からは、「1学期に頑張ったことは委員会活動と友達づくりです。周りの人のことを考えて、進んで行動できるようになりました。」という話がありました。

全体で、感謝の気持ちを込めて、1学期最後の校歌を歌いました。

終業式の後、生活指導の先生から、「犯罪に巻き込まれないために」と「犯罪者にならないために」という話がありました。


子どもたちが自らの安全に気を付けながら、それぞれの目標をもって充実した夏休みを過ごし、9月に元気に登校することを楽しみにしています。

公開日:2018年07月23日 08:00:00
更新日:2018年07月30日 17:10:25