校名と校章

HOME > 学校紹介 > 校名と校章

 

「桜野小学校」という名前について

 

 わたしたちの学校がある所は、「武蔵野市桜堤」です。地名のとおり、学校のまわりは、桜並木が続く桜の美しい所です。

 

 そこで、この「桜」と武蔵野市の「野」を組み合わせて、「桜野」という学校の名前になりました。

 

 美しい自然に恵まれた「武蔵野」に、「桜」が美しく咲いている様子を想像させる名前です。

 


 

 校章について

 

 桜野小学校の名前にある“桜の花”をすっきりと、力強くデザインした校章です。

 桜の花びらを形作る線とその間の白い線からなる3本の線には、桜野小学校のみんなが「あたたかな心、かしこい知恵、元気な体」をもった子どもに育ってほしいという願いをこめたものです。

 

 学校のめあて「思いやりのある子ども」「自分の考えをもつ子ども」「明るく元気な子ども」もこの願いから考えられています。

 

 また、「桜野」という文字を取り囲むこの5枚の花びらの線は、どこまでもどこまでも続く、つながった線です。これは、多くの人たちに温かく見守られ、愛されながら未来に向かって大きく発展していく桜野小学校の姿を表しています。

 

 この校章は、平成8年度の3年生以上の子どもたちが、図工の学習で校章のデザインを考えたものをもとに、デザイナーの酒井 敦彦さん、石橋 晃さんとがまとめてデザインしてできました。

 

 

←学校紹介のトップに戻る

更新日:2017年12月21日 09:53:20